10/22/2013

Almaden CC

昔お世話になったボスが、カリフォルニアにゴルフ旅行にいらっしゃいました。

まずはメンバーであった、Almaden CCでのラウンド。

私も大分久しぶりの、2007年の夏以来のAlmadenでのラウンドでした。


10月の半ばといえ、80度前半の夏の陽気。
ゴルフ場で気持ちよい天気でした。



木陰で休む鹿の姿も。。。




AlmadenのあとはPebble Beachでカリフォルニアのゴルフを楽しまれるとのこと。。
カリフォルニアはまだまだ美しい季節です。


Have fun!

10/11/2013

Frys.Com Open - PGA Tour 2014 シーズンカリフォルニアで開幕!-

2013年シーズンのPGAツアーはFedexカップの最終戦のTour Championshipで終了し、今週から2014年シーズンが開幕しています。



初戦はカリフォルニアで、家から50分くらいのところで、試合が開催されています。

日本人選手からは、石川選手、松山選手も参戦とあって、いいチャンスなので、プレイヤーたちを見にいってみました。

ゴルフ場はCordeValleというかなりハイエンドなプライベイトのクラブです。
コテージなどもあって、滞在する施設もあります。
デザイナーはRobert Trent Jones Jr.で、カリフォルニアらしい茶色い(金色というべきか)やまと、白いバンカーがとても美しいコントラストです。


松山選手は、先週のPresident's Cupの開催されたオハイオからカリフォルニアにきて、頑張っています。

今回のプレイヤーの中では、一番ワールドランクが高いプレイヤーということで、かなり注目されています。松山君の組は、ゴルフチャンネルで中継されていることもあり、ギャラリーの数も多かったです。


遼君も頑張っています。

週末観戦にいかれる場合は小さい荷物でお出かけください。
大きな荷物では見にいけません。

私はこんなビニール袋に荷物を入れるハメに。。。
ゴルフジャケットをちいさいバックパックにいれていただけなのですが、、、










10/07/2013

Pacific Ocean

しばらくアメリカの中西部にいたので、湖はありましたが、海は少し遠かったので、海が懐かしく感じました。

カリフォルニアはまだまだ気持ちのいい日が続いているので、今日はビーチまで散歩してみました。


さすがにこの季節はビーチに人も少なくなって、とても平穏な感じです。





太平洋は日本でもハワイでも見いていた海なので、懐かしい感じがします。。




カリフォルニアの10月はとても美しい季節です。

10/06/2013

San Jose Sharks at SAP Center

NHL (ホッケーリーグ)のシーズンが10月から始まりました。

San JoseにはSan Jose Sharksというホッケーチームがあり、毎年プレイオフまで進んでいます。

今年は、シーズンオープナーは勝利、2回目のホームゲームにいくチャンスがありました!


今まではHP パビリオンで親しまれていたアリーナは、今年から「SAPセンター」に変わっていました。

SharksのゲームはSharkからSharksのメンバーがでてくるオープニングが非常にかっこいいのですが、少しオープニングも変わってました。

Sharkからプレイヤーがでてくるところは、観客があまりに盛り上がっているのでうまく撮れませんでした。


video


video



スポンサー企業も少し変わっていて、企業の様子が伺えます。

試合はSharksの圧勝!




今年もいいシーズンになりそうです。




Go Sharks!

10/01/2013

California でゴルフ

5日間の旅からもどってきました。



モンタナ州や、アイダホ州のひと気のないところから、人や大きな町が密集するカリフォルニアに戻ってきました。

プレーリーからカリフォルニアの砂漠地帯に戻って懐かしく感じました。


カリフォルニアはまだまだ気持ち季節。ゴルフ場も美しいです。


ゴルフ場で鹿たちを発見。まだ私のイエローストーン体験は続いています。

ただカリフォルニアは、今年の冬に全く雨が降らなかったので、ゴルフ場には水規制があり、かなりドライな部分も目立ちます。

雨のゴルフは大変ですが、 ゴルフ場には雨期も重要です。

さてこれからカリフォルニアでレッスン開始です!

Yellow Stone National Park - イエロー・ストーン -

イエロー・ストーン国立公園は、世界で最初の国立公園で、世界遺産にも登録されています。

イエローストーンは、ワイオミング州の北西部のコーナーにあり、モンタナ州、アイダホ州にまたがっています。

サウスダコタ州から、ワイオミング州を抜けて、モンタナ州に入りましたが、国立公園の中でまたワイオミング州に戻りました。



2百万年前、130万年前、64万年前の火山爆発によってできた巨大カルデラ地帯で、まだマグマがたまっており、火山活動を続けています。

ゲイトを通って国立公園に入ります。
イエローストーンは一年の内にいつ雪が降ってもおかしくないとエリアもあり、その日もスノータイヤ規制が一部出されていました。




Geyser(間欠泉)と呼ばれる火山活動が活発でいたるところから、ぼこぼこと水が湧き出る活動が起こっています。

硫黄の匂いで、湯気が立っていて、いい湯そうでしたが(温泉もあるのですが)、この辺はかなり高度で、つかるような水ではないようです。

Geyserの周りは遊歩道があって、ちかくでGeyserの活動を観察できるようになっています。

イエローストーンは自然の宝庫。グランドキャニオンを呼ばれる地域もあって、立派な滝が流れています。

イエローストーン川の水で、イエローストーン湖に続いています。



イエローストーンは大自然、火山活動、そして野生の動物たちがたくさん生息しています。
Hidden Valleyのエリアでバッファローの大群にあうことができました。

メスは群れで動き、オスは自分だけで動くようです。
大群(たぶん200頭くらい)はメスと子供たちの群れ。





バッファローが通ると車も動けません。


バッファローたちのあとは、Old Faithfulという巨大間欠泉を見に。


噴水のように水を噴出す活動が見られるのですが、丁度いいタイミングで、すぐに始まるとのことでした。


少し雪が降っていたので、白い煙のなかで飛び出してくる間欠泉の写真はうまくとれませんでしたが、非常に興味深い自然の活動です。


雪が降り続く中、イェローストーンを後にしました。バッファロー以外にもエルクにも遭遇しました。



滞在時間は約5時間くらいでしょうか。 キャンプをしたりして、数日間過ごしたらさらにいろいろなものが見れて楽しかったと思いますが。楽しみはまた次回。

イェローストーンは是非また訪れたいと思いました。





国立公園を出てアイダホ州に入りました。
Continental Divide でアメリカ大陸の分岐点らしいです。
その分岐点で、水が太平洋に流れていくか、大西洋に流れていくか変わるようです。




Crazy Horse Memorial - インディアンの記念館 -

マウントラッシュモアを惜しみながらブラックマウンテンのドライブを30分くらい続けます。



同じくブラックマウンテンには、インディアンの記念館、Crazy Horse Memorial があります
マウントラッシュモアは、ブラックマウンテンという、インディアンの領域にアメリカ大統領の顔を彫刻したということで、論争もあったと書きましたが、ブラックマウンテンは、インディアン部族、ラコタ・インディアンたちの悲しい歴史も残っています。

ブラックマウンテン
インディアンの部族の一つ、ラコタインディアン(スー族ともいう)は、サウス・ダコタ州、ノース・ダコタ州に居住していたようですが、アメリカ政府により、その土地から出て、インディアン・リザベーション(保留地)に追い出されてしまいます。
              
たくさんの戦いがインディアンとアメリカ兵の間の戦いで、クレージー・ホースという名前のインディアンは、アメリカ兵によって背中から刺され、約35歳でなくなってしまいました。




彼は部族の中では偉大なヒーローで、その末裔であるスタンディング・ベアが、白人の彫刻家に、「ラコタの歴史のあるブラックマウンテンに、インディアンにも素晴らしい英雄がいたことを末裔に伝えたい」ということで、お願いして、1947年からその作業がはじまったようです。




しかしながら、その彫刻家は途中で亡くなってしまい、その作業はその子供たちに引き継がれ、まだ作業は続いています。




クレイジー・ホースの彫刻は将来的には馬に乗ったインディアンの像で、上の写真のようになるように作業はまだ続けられています。


記念館にはインディアンの歴史、ラコタインディアンたちの肖像画、戦いに使われたアメリカ兵の銃、インディアンの弓矢、インディアンの服装等々いろいろなものが展示されています。


おしゃれな羽飾り

戦いで生き残ったインディアン

ラコタ族の酋長が、彫刻家Korzak ZiolowskiにCrazy Horseの彫刻をお願いにいったときの写真


インディアンについては、テレビや本を通して、日本にいながら知っていましたが、本当にこんな家に住んで、こんな服をきていたのかと見ると、感慨深いものがありました。

インディアンたちの名前は、Crazy Horse(狂った馬)とかStanding Bear(立ち上がっている熊)とかRed Cloud (赤い雲)とかSitting Bull(座っている牛)とか大自然の中で生きていたことを感じさせます。

メモリアルでは、イベントなども行われ、メモリアル完成のために必要な基金を募っています。
少し悲しいインディアンの歴史ですが、Crazy Horseの彫刻が完成することを祈ります。

さらにドライブを続けていくと、、、、、

バッファローを見つけました!